シネマイレージカードの作り方には種類がある!一番お手軽なのは?

シネマイレージカードの作り方には種類がある!一番お手軽なのは?

 

6本の映画鑑賞で1本が無料になるシネマイレージカード

 

そんなシネマイレージカードにはどのような作り方があるのでしょうか?

 

実はシネマイレージカードの作り方にはいくつか種類があり、さらにはクレジットあり・なしでも作り方が異なります。

 

ちなみにクレジットあり・なしの簡単な違いはこちら。

 

 

クレジットあり

クレジットなし

年会費

初年度

無料

500円

2年目以降

年1回のカード利用で無料(通常300円+税)

300円

年齢制限

18歳以上(高校生除く)

なし

※アメックスは年会費3,000円(税抜)

 

 

今回はこれらクレジットあり・なし、両方のシネマイレージカードについて、作り方の詳細を解説していきます。

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

 

シネマイレージカード(クレジットあり)の作り方

 

まず先にシネマイレージカード(クレジットあり)の作り方から紹介します。

 

シネマイレージカード(クレジットあり)では、次の2つの作り方があります。

 

  • ネットから作る
  • 申込書で作る

 

手間がかからないのはネットから作る方法ですね。こちらをおすすめします。

 

ではそれぞれのシネマイレージカードの作り方を見ていきましょう。

 

 

①ネットでのシネマイレージカード(クレジットあり)の作り方

 

ネットでシネマイレージカード(クレジットあり)を作る流れは以下の通りです。

 

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 必要事項を入力して申し込む
  3. 審査~カード発行
  4. カードを受け取る

 

簡単に見ていきましょう。

 

 

1.公式サイトにアクセス

 

まずはシネマイレージカードの公式サイトにアクセスします。

 

 

2.必要事項を入力して申し込む

 

名前や住所、電話番号などの個人情報を入力して申し込みます。

 

 

3.審査~カード発行

 

審査結果がメールで届き、最短3営業日でカードが発送されます。

 

 

4.カードを受け取る

 

本人限定受取郵便でシネマイレージカードが届きます。免許証などの本人確認書類を配達員に見せて、カードを受け取りましょう。

 

 

 

②申込書でのシネマイレージカード(クレジットあり)の作り方

 

次に申込書でのシネマイレージカード(クレジットあり)の作り方についてです。

 

流れはこちら。

 

  1. TOHOシネマズで申込書を入手
  2. 申込書に必要事項を記入して郵送
  3. 審査~カード発行
  4. カードを受け取る

 

ではこちらも簡単に見ていきましょう。

 

 

1.TOHOシネマズで申込書を入手

 

まずはTOHOシネマズで申込書を入手します。申込書は目立つところに置いてあるはずです。

 

 

2.申込書に必要事項を記入して郵送

 

名前や住所、電話番号などの個人情報を申込書に記入します。記入が完了したら、内容に間違いがないことを確認して郵送しましょう。

 

 

3.審査~カード発行

 

郵送した書類がクレディセゾンに届きます。無事審査に通れば、シネマイレージカードが発行されます。

 

 

4.カードを受け取る

 

本人限定受取郵便でシネマイレージカードが届きます。免許証などの本人確認書類を配達員に見せて、カードを受け取りましょう。

 

 

 

シネマイレージカード(クレジットなし)の作り方

 

次にシネマイレージカード(クレジットなし)の作り方です。

 

シネマイレージカード(クレジットなし)では、次の2つの作り方があります。

 

  • ネットから作る
  • 申込書で作る

 

ではそれぞれ見ていきましょう。

 

 

①ネットでのシネマイレージカード(クレジットなし)の作り方

 

ネットでシネマイレージカード(クレジットなし)を作る場合の流れは以下の通りです。

 

  1. 公式サイトにアクセス
  2. 必要事項を記入して申し込む
  3. チケットカウンターでカードを受け取る

 

では簡単に見ていきましょう。

 

 

1.公式サイトにアクセス

 

まずはシネマイレージカードの公式サイトにアクセスします。

 

 

2.必要事項を記入して申し込む

 

次に名前や住所、電話番号などの個人情報を入力して申し込みます。

 

ちなみにこの時、カードを受け取る劇場の選択が必要です。ご自身が通っているTOHOシネマズを選択しましょう。

 

 

3.チケットカウンターでカードを受け取る

 

先ほど選択したTOHOシネマズにて、カードの受け取りが可能です。チケットカウンターにて、シネマイレージカードを受け取りましょう。

 

ちなみにカード受け取りには登録料500円が必要です。

 

 

 

②申込書でのシネマイレージカード(クレジットなし)の作り方

 

次に申込書でシネマイレージカード(クレジットなし)を作る場合についても紹介します。

 

申込書でシネマイレージカード(クレジットなし)を作る流れは以下の通りです。

 

  1. TOHOシネマズで申込書を入手
  2. 申込書に必要事項を記入する
  3. チケットカウンターでカードを受け取る
  4. ネットで会員登録をする

 

 

1.TOHOシネマズで申込書を入手

 

まずはTOHOシネマズに足を運んで申込書を入手します。

 

 

2.申込書に必要事項を記入する

 

次に名前や住所、電話番号などの個人情報を申込書に記入します。

 

 

3.チケットカウンターでカードとWeb登録票を受け取る

 

チケットカウンターで先ほど記入した申込書を提出し、登録料500円を払うことで

 

  • シネマイレージカード
  • Web登録票

 

の2つを受け取ります。Web登録票は次に説明する会員登録の際に必要です。

 

 

4.ネットで会員登録をする

 

最後に会員情報登録サイトにて、会員登録をします。会員登録には

 

  • シネマイレージカードの会員番号(カードに記載)
  • Web登録票の仮パスワード

 

の2つが必要です。

 

 

 

シネマイレージカードの作り方まとめ

 

今回はシネマイレージカードの作り方について解説してきました。

 

最後にシネマイレージカードの申込方法別に、詳細を簡単にまとめます。

 

 

申込方法

カードのお得度

発行の手間

クレジットあり

ネット

スムーズ

申込書

時間がかかる

クレジットなし

ネット

スムーズ

申込書

ネットより一手間多い

 

シネマイレージカードの作り方には

 

  • ネットでの申し込み
  • 申込書での申し込み

 

の2つの種類があります。

 

ただ、発行の手間を考えると、ネットからの申し込みの方がスムーズでおすすめです。

 

また、クレジットあり・なしでしたら、クレジットありのシネマイレージカードをおすすめします。

 

 

シネマイレージカード(クレジットカードあり)は年齢制限(18歳以上、高校生除く)がありますが、

 

  • 年会費が実質無料
  • 更新手続きが不要

 

などのメリットを考えると、TOHOシネマズユーザーならぜひ持っておきたい1枚です。

 

私自身もシネマイレージカード(クレジットあり)を持っていますが、年会費が実質無料で更新手続きが不要なのにはとても助かっています。

 

面倒くさがりな私にとって、更新手続きがどれだけ重い腰を上げる必要があることか…(笑)

 

私のような面倒くさがりでないにしろ、更新手続きを省きたいならシネマイレージカード(クレジットあり)はおすすめですよ♪