国内・海外旅行保険は付く?付かない?シネマイレージカード保険情報

国内・海外旅行保険は付く?付かない?シネマイレージカード保険情報

 

シネマイレージカードでは、MasterCardとアメックスの国際ブランドのうち、アメックスのみに保険が付帯します。

 

ただし、アメックスの場合、年会費は3,000円(税抜)です。※MasterCardは無料

 

こういった年会費の違いがあったので、私は年会費無料を優先してMasterCardのシネマイレージカードを選択しました。

 

しかし、保険の内容次第では、年会費を払ってでもアメックスのシネマイレージカードの方が、魅力的に感じる方もいるかもしれません。

 

ということで今回の記事では、アメックスのシネマイレージカードについて、各種保険内容を詳しく紹介していきます。

 

アメックスのシネマイレージカードは、年会費を払ってでも発行する価値があるのか?

 

保険内容をチェックしてみてください。

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

シネマイレージカードの海外旅行保険

 

まず初めに海外旅行保険についてです。

 

シネマイレージカード(アメックス)では、以下のような海外旅行保険の内容となっています。

 

シネマイレージカード(アメックス)の海外旅行保険

補償内容

本会員

家族特約

傷害死亡・後遺障害

3,000万円

1,000万円

傷害治療

300万円

300万円

疾病治療

300万円

300万円

賠償責任

3,000万円

3,000万円

携行品損害(自己負担1,000円)

30万円

30万円

救援者費用

200万円

200万円

※自動付帯

 

疾病治療費が300万円なので、海外旅行に必要な額はとりあえず最低限保証されています。

 

また、特に大きいのが家族特約ですね。

 

シネマイレージカード(アメックス)では、本会員のみならず家族に対しても海外旅行保険が自動付帯となっています。

 

家族も疾病治療費300万円の補償を受けられるのは大きいですよね!

 

ご家族で海外旅行に行く機会があれば、シネマイレージカード(アメックス)の海外旅行保険は利用価値が十分あると言えます。

 

 

 

シネマイレージカードの国内旅行保険

 

次に国内旅行保険の内容を見てみましょう。

 

シネマイレージカード(アメックス)の国内旅行保険

補償内容

本会員

家族特約

傷害死亡・後遺障害

3,000万円

1,000万円

入院日額

5,000円

5,000円

通院日額

3,000円

3,000円

※利用付帯

 

国内旅行保険については利用付帯です。

 

また、海外旅行保険と同じように、国内旅行保険にも家族特約が付きます。

 

つまり、家族での国内旅行の際にシネマイレージカード(アメックス)で支払いをすれば、家族分の保険も適用されるということです。

 

 

 

シネマイレージカードのショッピング保険

 

最後にショッピング保険について。

 

シネマイレージカード(アメックス)のショッピング保険の内容は以下の通りです。

 

シネマイレージカード(アメックス)のショッピング保険

  • 1事故・年間ともに最高100万円(自己負担額1万円)
  • 保証期間はカードでの購入日から120日間

 

あと、これはシネマイレージカードに限った話ではありませんが、ショッピング保険は補償の対象外の項目もあります。

 

ショッピング保険対象外項目
  • 商品券、航空券、乗車券など
  • 宅配便
  • 現金、手形、小切手、その他有価証券、印紙、切手、チケットその他これらに準ずるもの
  • 預金証書または貯金通帳
  • 食料品、飲料
  • 船舶、航空機、自動車、原付自動車、自転車、ハンググライダー、ラジオコントロール模型及びこれらの付属品
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズ、その他これらに類するもの
  • 動物あるいは植物
  • 稿本、設計書、帳簿その他これらに準ずるもの
  • 職業上の商品として購入したもの

 

これらはショッピング保険の対象外なので、念のため注意しておきましょう。

 

 

 

シネマイレージカードの保険情報まとめ

 

今回はシネマイレージカード(アメックス)の保険について詳しく解説してきました。

 

最後に今回の内容をまとめます。

 

シネマイレージカード(アメックス)の保険内容

  • 最高3,000万円の海外旅行保険(家族特約も最高3,000万円)
  • 最高3,000万円の国内旅行保険(家族特約は最高1,000万円)
  • 最高100万円のショッピング保険

 

いかがでしょうか?

 

シネマイレージカード(アメックス)に、年間3,000円(税抜)を払う価値はあるでしょうか?

 

結局、この辺の価値は人それぞれになってきます。

 

アメックスのシネマイレージカードは家族特約が付くので、その部分に価値を感じる人もいるでしょう。

 

逆に私のように年会費無料がいいという人は、保険の付かないMasterCardのシネマイレージカードの方がいいと思います。

 

アメックスとMasterCard、どちらの国際ブランドを選ぶかはその人次第です。

 

あなたのライフスタイルやカードに求めるスペックなどによって、シネマイレージカードの国際ブランドを選んでみてください。