クレジットなしはお得感なし?シネマイレージカードを作って思う事

クレジットなしはお得感なし?シネマイレージカードを作って思う事

 

シネマイレージカードには2つのカードタイプがあります。

 

  • クレジットなし
  • クレジットあり

 

私はシネマイレージカード(クレジットあり)を作りましたが、その時はクレジットなし・ありについては深く考えていませんでした。

 

ただ、後になってこう思いました。

 

「あれ?クレジットなしってこんなお得感なかったっけ?」

 

こう思い、シネマイレージカード(クレジットあり)を作っておいて良かったと感じる今日この頃です。

 

今回の記事ではシネマイレージカードについて、クレジットなし・ありの違いを紹介していきます。

 

せっかくならお得なタイプのシネマイレージカードを選んでほしいので、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

 

シネマイレージカードのクレジットなし・ありの違い

まず初めにシネマイレージカードのクレジットなし・ありの違いを一覧表で比較します。

 

 

クレジットなし

クレジットあり

年会費

初年度

500円

無料

2年目以降

300円

年1回のカード利用があれば無料(通常300円+税)

年齢制限

なし

18歳以上(高校生除く)

カード有効期限

1年

6年

クレジットポイント

永久不滅ポイント

共通特典

  • スタンプラリー(映画6本鑑賞で1本無料)
  • シネマイレージ(映画1分で1マイル貯まる)
  • シネマイレージデイ(火曜日は1,400円)
  • シネマイレージレポート(鑑賞履歴が記録できる)

 

※ここで紹介しているシネマイレージカード(クレジットあり)はMasterCardです。アメックスも選択できますが、年会費3,000円(税抜)でお得感がないので、ここでは除外します。

 

アメックスのシネマイレージカードについての関連記事

 

シネマイレージカードのクレジットあり・なしで大きく異なるのは、年会費だったりカードの有効期限の部分ですね。

 

以下の点でシネマイレージカード(クレジットあり)の方がお得な内容となっています。

 

  • 年会費が実質無料
  • 有効期限が6年と長い

 

逆にシネマイレージカード(クレジットなし)は、更新手続きや年会費が毎年必要です。

 

私はシネマイレージカード(クレジットあり)なので毎年の更新の手続きは不要ですが、これがクレジットなしの方だったらと思うと…

 

面倒くさがりな私にとって、毎年の更新手続きはちょっとしんどいかもしれません…(笑)

 

毎年自動更新されるシネマイレージカード(クレジットあり)には、とても助かっています♪

 

 

 

 

シネマイレージカードのクレジットなしにもメリットはある

 

シネマイレージカードはクレジットありの方がおすすめなのはわかりました。

 

ただ、シネマイレージカード(クレジットなし)にも、もちろんメリットはあります。

 

シネマイレージカード(クレジットなし)のメリット
  • 即日発行が可能
  • 年齢制限がなく誰でも作れる

 

シネマイレージカード(クレジットあり)だと審査があるので、どうしても発行までに時間がかかってしまいます。

 

その点、シネマイレージカード(クレジットなし)は、誰でもすぐに作れるのがメリットですね。

 

年齢の関係でシネマイレージカード(クレジットあり)が作れない人ももちろんいます。※シネマイレージカード(クレジットあり)は18歳以上(高校生を除く)が発行可能

 

シネマイレージカード(クレジットあり)が作れない人は、まずはシネマイレージカード(クレジットなし)からのスタートですね。

 

 

 

シネマイレージカードのクレジットなしからありには変更が可能

 

ちなみにですが、シネマイレージカードは「クレジットなし」から「クレジットあり」に変更が可能です。

 

しかも、シネマイレージカード(クレジットあり)への変更時に、それまで貯めた鑑賞ポイントやマイルを移行することもできます。

 

ちなみにこの逆で、「クレジットあり」から「クレジットなし」へのシネマイレージカードの変更も可能です。

 

ただ、わざわざシネマイレージカード(クレジットあり)から、シネマイレージカード(クレジットなし)に変更するメリットはありません。

 

一度シネマイレージカード(クレジットあり)を手にしたら、便利すぎてシネマイレージカード(クレジットなし)に変更する気も起きませんしね(笑)

 

 

 

まとめ:最終的にはクレジットありのシネマイレージカードがおすすめ

 

今回はシネマイレージカードのクレジットなし・ありについて解説してきました。

 

最終的な結論としては、やはりシネマイレージカード(クレジットあり)の方がおすすめです。

 

シネマイレージカード(クレジットあり)の方がメリットも多いですしね。

 

シネマイレージカード(クレジットあり)のメリット
  • 年会費は実質無料
  • カードの有効期限が6年間
  • 毎年の更新手続きが不要

 

これらのメリットはシネマイレージカード(クレジットあり)だけのものです。

 

ただ、もしかしたらクレジットカードを作ること自体に抵抗を感じることもあるかもしれません。

 

もしそうお考えでしたら、今一度比較してみてください。

 

  • シネマイレージカード(クレジットなし) … 年会費や更新手続きが毎年必要
  • シネマイレージカード(クレジットあり) … 年会費も更新手続きも不要

 

ここまで読んできたあなたなら、どちらがお得か分かりますよね。

 

ぜひ、お得な方のシネマイレージカードを選んでみてくださいね♪